胃良性腫瘍(胃ポリープ、胃腺腫) | 医療法人 康心会 谷口消化器内視鏡クリニック 近鉄八尾院

大阪府八尾市東本町3-6-15 サン・アズール1F 072-996-8800 内視鏡予約専用 0120-880-362
 

診療案内

胃ポリープ

胃ポリープとは、胃粘膜に発生する隆起性病変(盛り上がった形態のもの)です。自覚症状は特になく、内視鏡検査や胃透視(胃バリウム)検査で偶然に発見されることがほとんどです。
胃ポリープには、胃底線ポリープと過形成性ポリープがあります。胃底線ポリープは、胃粘膜と同じ色調のポリープで癌化の可能性がないポリープです。女性に多く認められ、ポリープの大きさは5mm程度と小さく、単発より多発することが多いポリープです。治療の必要はほぼありません。
過形成性ポリープは、発赤調のポリープでヘリコバクター・ピロリ菌の感染した胃炎(萎縮性胃炎)を背景に出現することが多いポリープです。ポリープの大きさは10mm以下のことが多いですが、中には20mmを超えるものや出血を伴うもの、一部が癌化するものなどがありますので、内視鏡的に切除する必要があるものもあります。ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療にて消失してしまうこともあります。

胃底腺ポリープ

胃底腺ポリープ

胃底腺ポリープ

胃底腺ポリープ

胃腺腫

胃腺腫は白色調の平坦な隆起が特徴で、高齢者に見られる傾向が多い病変です。胃腺腫の多くは良性ですが、一部に癌化するものもあり、胃腺腫は前癌病変とされています。比較的大きなもの(20mm以上)や、陥凹を伴ったりするものは積極的に内視鏡治療を行うことがあります。

ページの先頭に戻る