食道癌 | 医療法人 康心会 谷口消化器内視鏡クリニック 近鉄八尾院

大阪府八尾市東本町3-6-15 サン・アズール1F 072-996-8800 内視鏡予約専用 0120-880-362
 

診療案内

食道癌

食道癌とは食道の粘膜から発生する悪性のできものです。
飲酒や喫煙がリスク因子と言われており、また近年は逆流性食道炎の患者数の増加により、食道腺癌と呼ばれるタイプの食道癌が増えてきています。
症状は初期にはほとんどありませんが、癌が進行すると食べ物が胸につかえるような感覚や、胸がしみるような感覚、胸痛、背部痛、声のかすれなどが出てくることがあります。
食道癌は初期であれば内視鏡治療で治す事ができますが、このような症状が出てきた場合、内視鏡では治せない大きさへ進行している可能性が高いです。
早期の段階では症状はほとんど出て来ませんし、胃透視(バリウム)の検査では早期の病変を見つけるのは難しいと言われています。
飲酒、喫煙などのリスク因子や、逆流性食道炎をお持ちの方は万が一、食道癌の合併がないか早期発見のためにも定期的に胃カメラを受ける事が大切です。
ぜひ当院へご相談ください。

  • 表在性食道癌
    表在性食道癌
  • 表在性食道癌 内視鏡治療(ESD)後
    表在性食道癌 内視鏡治療(ESD)後
進行食道癌

進行食道癌

ページの先頭に戻る